ふるさとの泉×壽屋 大人のための絵本ライヴ「絵本で”愛”を語る。町家が縁をつむぐ。」を開催しました。

カテゴリー

金澤町家×金沢カルチャーを融合し、新しい発信を行う、kanazawa classicプロジェクト。

絵本を通じて、さまざまなカタチの”愛”を伝えるべく、各所で読み聞かせ会活動を積極的に展開されている、ふるさとの泉さんのご協力のもと、金澤町家の雰囲気を活かした大人の為の絵本ライヴを開催しました。

道具蔵を改装したお部屋の蕪菁座を会場に、第1部と第2部の合わせて約1時間、ふるさとの泉さんが織りなす絵本のビジュアルと朗読の響き、そして、蔵独特の雰囲気が幻想的な空間を創り出し、参加者全員が現実とはまったく違った”時の流れ”を共有するひとときとなりました。

第1部と第2部の間に、心とともに、身体もデトックスしていただこうとの想いで、当店の加賀精進料理の点心をご提供しました。まさに、皆様の五感すべてを刺激する時間をお過ごしいただけたのではないでしょうか。

開催後、ツイッターにて、多くの感想をいただきました。

皆様の表現が、あまりに素敵なので、TL(タイムライン)から抜粋してご紹介させていただきます。

A様のご感想

ふるさとさんという魔法使いに案内されて、絵本の世界から浮遊して、どこでもない世界へ飛んでいました!蝋燭を吹き消した瞬間に現実に戻る瞬間が好きです。魔法が解けるような感じがします。

B様のご感想

ふるさとさんの声に聴き入りながら想像の世界を泳ぐ楽しさ。時間がたつのを忘れてしまうこの感じは、子供の頃に夢中で遊んでいた時と同じだ!と思いました。人の声をじっくり聴く、言葉の一つ一つをとらえ、味わう時間をいただきました。最近テレビからラジオに回帰していたのですが、この言葉をとらえるための集中力が、とても心地よいことに気づきました。与えられた映像よりはるかにいろんなものが心に浮かびます。

C様のご感想

【ふるさとの泉×壽屋 大人のための絵本ライヴ】いゃぁ?まいりました…壽屋さんの築150年の重みを活かしつくした空間に、選りに選られた絵本の世界が、“ふるさとの泉”さんのシャーマニックな朗読によって溶け込んでいく…その時空間にたゆたうう心地さ・・・

それにしても、レセプター側の感度が試されるような、ピュアで、フラジャイルな時空間…この感じ、この感覚、この場、さらにこれらを共有した人たち…これって何なんでしょうね。

昨晩はありがとうごさいました…築150年の柱や梁、漆喰の壁に染み入る“ふるさと”さんの言葉のひとつひとつ…空間と言葉のコラボの可能性を無限大に感じました…金沢には今後も通わせていただきますので、今後ともよろしくお願いします!

D様のご感想

蔵の中にも関わらず声は壁を通りぬけ、心は旅にでる。人と場と絵本と料理とのコラボレーションは外の世界と時間の流れが違っていた気がします。感じたことは沢山あるけれど、まずはこのひと時をありがとうございました。

E様のご感想

絵本ライブを見てクラシックのコンサートに似てるなと思ったんです。演奏するのは昔に作曲された曲が多くて、楽譜は誰でも買えますが、演奏の質だけではなくて、曲目や曲順などの構成がきっと大事なのも似ていて全体を通して体験のすばらしさに繋がってるのかなと。

絵本を読む事だけではなくて、場面や参加者に合わせて読む絵本をを選んだり、衣装やその場の雰囲気作りも含めてふるさとさんの絵本ライブの魅力なんだなと思ってました。なので今日のお話を見ていて、その辺も含めてプロなのかなと感じた次第です。

F様のご感想

お料理は全て野菜で拵えた精進料理。野菜の持つやさしいお味に少しずつアクセントが加えてあって、しっかりと仕事がなされている。しっとりと穏やかな空間と合わせて「和み」という言葉を体験することができた。建物や環境が人を育てていく。うらやましい限りです。

とても楽しく体験させていただいてありがとうございました。いただいたやさしい気持ちと数々の大切な御縁を、大事にしていきたいと思います。

おはようございます。昨日は素敵な夜を過ごしまして、これから一歩踏み出すために背中をポンと押された感じ。ふるさとの泉様の絵本ライヴはとても素晴らしかった。お部屋とお料理は寿屋様がご提供くださいました。歴史ある建物、町屋の風情を生かし、腕をふるってくださった精進料理は、野菜好きな一個人として秀逸であると感じ。

G様のご感想

空間の醸し出す雰囲気と一体化し聴く者を「ことのは」の幻想空間に心地よく漂わせて下さったふるさとさん、壽屋さん、本当にありがとうございました!同じ光景を共有しながら、一人ひとりの物語と化学反応を起こし始める。

その一瞬一瞬を今回は限定視点(聴衆としての個人)と客観視点(videoのファインダーをを通して聴いていらっしゃる皆さんをも同時に観る)とが交差した、とても不思議な体験をさせて戴きました。
壽屋さんが「これをシリーズ化して今度は違うお部屋でやってみたい!」と今後の展望を語られていました。ほんとにありがたいことです。そこでまたどのような融合や化学反応が起きるのか、今からとても楽しみです。
今夜のお話の続きを、お一人おひとりが主人公となって自分の物語を紡ぎ始めることでしょう。長々と失礼しました。そのきっかけを作って下さったお二人に心から感謝です。ありかとうございました。

などなど、多数の熱いご感想をお寄せいただきました。

多くの大人の心を揺さぶる時間の提供をお手伝いできたことを大変嬉しく思っています。

これも、ふるさとの泉さんの強い想いがあってこそ。

ふるさとの泉さん、そして、ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

2010-09-26 06:07:11

▲ PAGE TOP


”machiya cafe”プロジェクト 第2回会議が開催されました。

カテゴリー

金澤町家と金沢カルチャーを掛け合わせて、新しいもの創造し、発信していくプロジェクト「kanazawa classic」。

目玉企画のひとつである”machiya cafe(町家カフェ)”プロジェクトの第2回会議が開催されました。

第1回会議の内容を踏まえて、今回は商品にフォーカスしての意見交換。

かなり具体的な内容にまでつっこんだ話し合いがなされました。

タテマチ大学の学級日誌にも取り上げていただいていますが、なんと滋賀県から4時間をかけて参加してくださった学生さんが!

ホントありがとうございます。

次回の会議は、どこかのカフェに潜入しようとの話も。

ますます面白くなってきました。

2010-09-04 07:41:36

▲ PAGE TOP