町家カフェ×壽屋を開催しました!

カテゴリー

金澤町家と金沢カルチャーを掛け合わせて、新しいものをどんどん発信していくプロジェクト「kanazawa classic」

このプロジェクトのひとつのヤマとして準備を進めてきた”町家カフェ”を2月11日(金)12日(土)の2日間限定にて開催しました。

4種類のお飲物と、4種類のお菓子類をご用意して、壽屋で最も古いお座敷である「四季の間」をカフェスペースに。築150年の数寄屋造りのお部屋で、この時期の金沢らしく雪が残るお庭をご覧いただきながらゆったりとした時間を過ごしていただくというコンセプト。テーブルの装飾やBGMなども学生の皆さんが考案し、接客もすべて学生さんにお願いしました。

11日(金)も12日(土)も大変寒い一日だったにも関わらず、大勢のお客様にご来店いただくことができました。

なかには、2日連続でお越しくださった方もいて、2日目には、親族を大勢お連れくださったり、というようなことも。

11日(金)には、石川テレビさん、金沢ケーブルテレビさんの取材が入り、当日のニュース番組で学生の皆さんの奮闘ぶりが放映され、12日(土)は、山野金沢市長もご来店くださいました。

多くのメディアで取り上げていただいたおかげで、2日間ともほぼ常時満席の状態で、およそ200名ほどのお客様にご利用いただきました。

アンケートにご記入いただいた感想から、一文をご紹介します。

「金沢の伝統的な町家を体感することができ、歴史を感じた。学生さん達の接客態度もとてもさわやかで、伝統的な町家と新鮮な若さが何とも言えぬ良い取り合わせでいいひとときを過ごすことができた。」

このアンケートを拝読して、私が思い描いていたことが具現化できたのかなと大変嬉しくなりました。

単なる町家でのイベントでもなく、単なる学生によるイベントでもない。

その双方がうまく融合して、まったく新しい価値を創造することができたのではないか、そう思っています。

様々な可能性を感じることができた2日間でした。

もちろん、最上のサービスをご提供できたとは思っていません。寒い中を長時間お待ちいただいたり、商品を切らしてしまったりと多くのお客様にご迷惑をおかけしてしまいました。

また、再度の開催を期待する旨のお言葉も多数頂戴しました。次の機会では、今回の反省点をふまえ、より良い商品とサービスを提供できるようしっかりと準備したいと思います。

末筆になりますが、町家カフェ×壽屋にご来店いただきました皆様、そしてご協力くださったすべての方に改めて厚く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

○北國新聞朝刊に掲載(2月8日付)

http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20110208101.htm

○毎日新聞朝刊に掲載(2月11日付)

http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20110211ddlk17040499000c.html

○北國新聞朝刊に掲載(2月12日付)

○金沢経済新聞での記事(2月11日)

http://kanazawa.keizai.biz/headline/1312/

○石川テレビニュースでの紹介(2月11日)

http://www.youtube.com/watch?v=DADgZfU2tU8

2011-02-15 12:08:38

▲ PAGE TOP