「もし母と娘が金沢を訪ねたら」金澤料亭ホームページを公開。

カテゴリー

金沢市料理業組合加盟店15軒は、金沢の料亭としてあるべき姿をかたくなに守り、金沢の伝統文化を五感で体感できる空間です。

金沢の料亭としてあるべき姿というのは、一言で表現すると、「金沢の伝統文化が凝縮され、それをすべてのサービスに反映している」ということになるかと思います。具体的にいうと、金沢らしい日本建築の建物、冬は雪吊りを施したりと整えられた庭園、九谷焼などの地元の器で供されるお料理、女将さんをはじめ、仲居さんの自然な金沢しぐさによるおもてなしなどになります。

ただ、残念ながら「料亭」というと、どうしても敷居が高い、料金が高いのではないかなど、縁がないものとして思われがちです。

しかしながら、金沢の料亭は、本来市民にとって大変身近なものであり、冠婚葬祭はもちろんのこと、金沢で盛んなお茶の会、小唄の会、それに町内会の集まりなど、様々なシーンでご利用いただいています。また、友人・知人が金沢にお越しの際には、料亭で食事をすることだけで、金沢のすべてが語れるという、他にはない空間ではないでしょうか。

また、観光客の方にとっても、料亭で過ごす2時間で、金沢のすべてを感じることができると言っても過言ではありません。

そこで、金沢市民の方にも、観光客の方にも、より金澤料亭に親しみをもっていただきたく、金澤料亭のホームページを公開しました。

アニメと実写を連動させた斬新な映像により、料亭を疑似体験していただけるよう工夫しました。これにより、少しでも利用シーンがイメージしていただければ幸いです。

また、なかなか情報が集めにくかった金澤料亭15軒の情報をひとつのページにまとめました。各店のホームページには、より詳しい情報がありますので、そちらも合わせてご覧いただければと思います。

そうはいっても、いろいろな疑問点や、ご不明な点が出てくるかと思います。

そんなときは、ぜひ、”金澤料亭コンシェルジュ”にお問い合わせください!

あなたにぴったりの料亭の使い方をアドバイスさせていただきます。

金澤料亭が、金沢市民の生活をより豊かなものに、また、観光客の方にとっては、金沢の想い出がより素晴らしいものになりますと幸いです。

そうなりますよう、精一杯のお手伝いをさせていただきたいと思っています。

◎金澤料亭ホームページ

http://www.kanazawa-ryotei.jp

※当店店主のブログもアメブロで公開中。もしよろしければ、合わせてご覧くださいませ。

2011-03-21 06:23:45

▲ PAGE TOP


今できることを。

カテゴリー

東日本で発生した大地震に被災された方に心からのお見舞いと亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

11日の地震発生から、甚大な被害が明らかになるにつれ、今、私に出来ることは何かと考えてきました。

阪神大震災の時は、私もボランティアに参加しましたが、全国から送られてきた物品を仕分けするだけで大量の人員が割かれ、とても非効率な状況になっていました。

物流も混乱しているなか、物品を個別にお送りすることは、当面適切ではありません。

また、阪神大震災の時も、石川県輪島の震災でも、全国からすぐに多くのボランティアの方が集まってこられましたが、指揮系統の混乱や、食料の問題、宿泊の問題等もあり、現時点で被災地に足を運ぶのも適切ではないと思います。

では、我々に今できることは、日本経済を支えるべく、とにかく自分の仕事を精一杯行うことしかないじゃないかと思っています。そして、そこで稼いだ付加価値を被災地の復興に活かしてもらうということが今普通に生活できているものの努めではないでしょうか。

私自身も含め、社員全員のモチベーションとすべく、当面の間、当社売上の一定割合を被災地に義捐金として送ることを決めました。そうすれば、皆で一生懸命働いた結果が、被災地への支援になります。

被災地の状況を見ながら、更に私達ができることがあればご支援したいと考えています。

輪島の震災で全国の多くの方からのご支援をいただきました。

石川県人として、復興の段階に入った際には、現地入りしてのボランティア活動にも必ず赴きたいと思っています。

個人的にも、宮城県には、多くの知人があり、とても心配です。

とにかく、皆さんが無事であってほしい、それだけです。

※当店店主のブログもアメブロで公開中。もしよろしければ、合わせてご覧くださいませ。

2011-03-13 05:31:22

▲ PAGE TOP