お部屋

5つの時代の美と匠が同居する。

江戸の末期、明治、大正、昭和、平成。壽屋には5つの時代の建築が1つの建物に同居しています。
金沢市の指定保存建築物に認定されたこの家屋は、150年前に建てられた金沢町家。以降、金沢の名工たちが
折々に座敷をつくってきました。時代時代に灯された美意識と職人芸を料理とともにお愉しみください。

江戸末期のお部屋 四季の間

こけら葺きの屋根のもと、春は梅。初夏は満天星。晩秋は紅葉。冬は雪吊り、雪灯籠。四季折々の庭の風情を眺められます。

  • お膳・座卓 2〜18名様
  • 椅子・テーブル席 不可

明治中期のお部屋 群青の間

文明開化をほうふつさせる書院造り。金銀砂子のふすま壁、鉄刀木の床柱、群青色の壁、釘隠しなど見どころが多彩です。

  • お膳・座卓 2〜28名様
  • 椅子・テーブル席 2〜16名様

大正初期のお部屋 侘びの間

網代の天井、舞良戸、藤蔓を巻きつけた葭組の下地窓。茶の文化が栄えた金沢らしい茶室。お茶会にもご利用できます。

  • お膳 2〜3名様
  • 椅子・テーブル席 不可

昭和初期のお部屋 宴の間

戦前の豪奢な気風を残す大広間。老木の床柱や合天井など近代和風建築の様式美が随所に散りばめられています。

  • お膳・座卓 20〜60名様
  • 椅子・テーブル席 16〜56名様

平成のお部屋 蕪青座

漆器の道具蔵を平成6年に再生。古材を活かした和洋折衷の間。宮さまと外国の国王ご一行にもご利用いただきました。

  • お膳・座卓 20〜60名様
  • 椅子・テーブル席 2〜8名様

  • Twitter
  • Facebook
  • Googleplus

お電話 076-231-6245 ご予約・お問い合わせ

金澤町家料亭 壽屋 〒920-0902
石川県金沢市尾張町 2 - 4 - 13


▲ページの先頭へ